事業案内|クオリティーの高い建設現場の空撮は山形の有限会社さくら設計 ドローンラボにお任せください

事業案内

建設現場での空撮

一般的な建設現場では、設計の初期段階でヘリコプターで空撮を行った後、設計・施工を開始します。
ヘリコプターでの空撮は莫大な費用がかかってしまう為、
空撮は一度のみということが多いかと思います。
しかしドローンの空撮は低コストで行うことができるため、
複数回数空撮を希望される場合などにおすすめです

こんな場合に当社のドローンサービスをご利用ください

  • 空撮費用を抑えたい
  • 施工中も何度か空撮で状況を確認したい
  • 最上階からの眺めを事前にチェックしたい
  • 細かい箇所まで念入りに確認したい

安全第一で空撮を行います

住宅密集地でのドローン撮影には、高度な技術と国土交通省への許可が必要です。
当社はそれらの条件を満たし、厳重な管理のもと撮影を行っております。
また当社のドローンでは予め飛行ルートを設定し、自動操縦で飛ばすことも可能です。
もちろん工事現場の上空をはみ出すこともありません。
安全第一で空撮を行いますので、安心してお任せいただくことができます。

地域観光資源のPR撮影

観光スポットなどの美しい景色や建造物を、ドローン撮影でより魅力的にPRするお手伝いをいたします。
高画質のカメラで動画・静止画を自由自在に撮影が可能です。
季節ごとに変化する景色を年間通して低価格で空撮いたします。

自治体に向けた防災管理サービス

防災管理にドローンは大変役に立ちます。
例えば、防災マップの作成や人が立ち入ることが難しい場所での点検などに活用可能です。
さらにドローンは小回りが利き、狭い場所でも飛行できるので生存者の捜索にも役立てます。
自治体などで幅広くご利用頂けます。

大学との調査、研究のパートナーシップ

現在山形大学と産業用ドローンの研究・開発を進めています。
火山火口の共同研究等も行っております。
今後も共同研究の幅を広げていきたいと考えております。

農業者様に向けた農地管理サービス

ドローンは農業にも活用が可能です。
温度や水の管理、農薬散布など、作物の栽培には非常に労力が必要です。
このような、栽培に必要な管理は農業用ドローンが活躍します。
他にもドローンの管理システムで生育状況も把握できます。

文化財保存の為の3D測量

ドローンで撮影したものを3D化することも可能です。
どんなに大きな文化財でも3Dデータで正確に保存できるので補修・復元が的確に行えます。
また、迫力のある3D画像は文化財PRの素材としても活用できます。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

TEL023-674-6610

FAX023-674-6420

メールフォーム

制作実績

オペレーター募集

SAKURA

TEL023-674-6610

FAX023-674-6420

営業時間 6月~11月:9:00~17:00
12月~5月:10:00~16:00
※悪天候の場合、お休みをいただくことがあります

メールフォームはこちら

対応エリア

対応エリアの地図

青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県・新潟県
に対応します。

※交通費は実費を頂きます。

ページの先頭へ